6/4 ホームページをリニューアルしました!

Kindleセルフ出版を試した結果【あっという間にベストセラーになった話】

Kindleセルフ出版を試した結果【あっという間にベストセラーになった話】

こんにちは。

この記事を書いている僕は、

  • 1年間で30冊出版しました
  • Amazonランキング6冠1位を獲得しました

こういった僕が、昔のことを思い出しながら書いていきます。

Kindleセルフ出版をしたのが2020年3月16日。

Kindleセルフ出版とは、Amazonの電子書籍に自分で本を出せるというサービスでのことで、こんな本を書きました。
下記の本です。

こういった感じです。Amazonページにとびます

今回は出してみるまでの体験談を書いてみます。

KDPに出版してみようと思った日

ちょうどこのころ、出版にはまっておりました。

まずは紙の書籍を2冊出版する予定になっており、出版にのめりこんでいました。そこで、電子書籍で出版する方法もあるのでは?と思い、紙の本の執筆が終わり次第、電子書籍出版を調べてみることにしました。

それからしばらくの間、出してみたいという気持ちはあれど、まずはKindleではどんな本があるのかを実際に購入しながら、読み漁ってみました。

原稿を作成していた日

いざ、何を書こうかと考えた時、最初は何でもいいから書けることを書いてみようと考えました。

出版してから、反省するなり戦略練るなりすればいいかと考え、今自分が伝えられることを書くことにしました。

流れとしては
・とりあえず書きたいことを書きまくる
・ターゲット層を決める
で何か書けないだろうかと考え、
・「死ぬことに価値なんてないよ」というテーマで書く
と、なりました。

とはいえ、世の中に既に語られていることばかりなので、自身のウリというか、表現の+αとして、自分の死生観をまじえ、つらい経験や乗り越えた経験をメインに味付けをすることにしました。

出版に必要なものを揃えた日

KDPに出版するために必要なものは、Amazonのアカウントと原稿(+表紙)だけです。

今回は、


・原稿はmacのpagesで作り
・表紙は知り合いに頼み
・なんとか調べて縦書きで出版しました。

事前の調べではEPUB形式に変換するなどアップロードが手間なのかなと思いましたが、pagesでそのまま反映できました。

こんな感じで、Amazon公式Kindleのガイドもあります。

いざアップロードすると、レイアウトの印象が変わると思いますが、Kindleは文字フォントをユーザーが任意で変更できるので、あまり気にし過ぎてもよくないだろう、と考えました。

いざ、登録

アカウントと原稿や表紙の準備ができたら、いざアップロード!
noteを投稿されたことがある方なら抵抗感はあまりないと思います。

価格は、KindleUnlimited(読み放題)で出したかったので価格は250円+KindlieUnlimited対応にしています。
※99円から出せるのですが、読み放題にする最低価格が250円です

Amazonに並んだ日

というわけで、数時間のレビューを経て、無事にAmazonに並びました。

Amazonに自分の本が出展されている。
noteへの初投稿やYoutubeに初めて動画をアップロードした日の気持ちと同じく、世の中に発信したという達成感が湧きます。

本って一定の権威があったりするので、なかなか雑多なものは出せないという気持ちのハードルがあるかもしれませんが、まずは何事もやってみるという精神で進めてみました。

まずは出してみるという最初の一歩が大事。
一文字書いてみるというのが著者への大きな一歩です。

最後に

セルフ出版もっと流行ってほしいなぁ。
歌手の世界で言うインディーズのようなもので、粗削りだけれども面白い作品って世の中にいっぱいあると思うんですよね。

個人の時代になってきているなぁと感じております。
個人で人気を獲得し、有名になる人がどんどん出てきてほしい。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

Kindle出版に興味がある方はこちらの記事もどうぞ。

>>>【簡単】Amazon Kindleで自費出版するメリットと出版手続き

Kindle出版カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!