6/4 ホームページをリニューアルしました!

Amazon MCJ7 浜松ステーションが新しくできたので紹介します【Amazon Flex】

Amazon MCJ7 浜松ステーションが新しくできたので紹介します【Amazon Flex】

浜松でAmazon flexをやってみたいな。Amazon MCJ7 浜松ステーションというステーションができたみたいだけど、どんな感じなのかな?

上記の質問に回答していきます。

こんにちは。
最近 Amazon flexをやっている僕です。

・Amazon flex 歴2年
・静岡県内で初期から稼働
・今まで8万個以上配達
・現役のアマフレプレイヤー

上記のようにアマフレをやってきました。
静岡県内でAmazon flex(以下、アマフレ)が始まって約2年3ヶ月ほどが経ちました。

僕は県内でアマフレが始まった初期から稼働しています。さすがAmazonといったところで、刻一刻と変化していく環境を目の当たりにしてきました。

そんな中、今回一番大きな変化となりました。

それが、浜松舞阪ステーション(MCJ7-Amazon.com)のオープンです。(2024年5月8日)

というわけで、大きな変化があり、どのように変わったか。

ほぼ主観になりますが、解説していきます。

Amazon MCJ7 浜松ステーションについて

場所

Amazon MCJ7 浜松ステーション

住所は下記になります↓
〒431-0212 静岡県浜松市中央区舞阪町長十新田300−2

浜松の西の方ですね。豊橋に近いところにできました。

他2拠点である高丘(JEA1)と石原(JEB9)は閉鎖になっています。

愛知県にあるAmazonの大型倉庫も近くなり、物流が改善されました。
そのため、Amazonで注文すると当日届くものも出てくるほどです。

僕の住んでいるエリアですと、AM7時ぐらいまでに注文すると12時間ほどで届くものもあります。正直そんなに早く届かなくてもいいんですが…。そういったニーズもあるのでしょうね。

受付

今までと大きくは変わりません。

  1. 免許証の提示
  2. アルコールチェック
  3. チェックイン
  4. ルートのQRを読み込む
  5. 車を順に移動
  6. 荷物を積み込み

上記の通りです。

受付の人はAmazonの人ばかりです。優しい方も多く、接しやすいです。

積み込み

車を移動後、積み込みをするわけですが、積み込み開始から20分以内に出発しないといけません

これはアプリのBluetooth機能で履歴に残るため、Amazon側に測定されています。

そのため、時間厳守です。

こちらのステーションはAmazonバッグではなく、箱物・封筒などを独自にバラで荷物を積みます。のんびり積み込みしていると間に合いません。

今のところ特にペナルティなどがあるなどの情報はありませんが、ルールにのっとって仕事することが大事になってきます。

こちらバラ積みのイメージ画像になります(汗)

配達について

実際の配達についてです。

エリア

市内ではAmazon倉庫はMCJ7の舞阪ステーションしかありません。
そのため、過去2拠点分の全域をカバーしていきます。

赤丸の中が現在のエリアです。湖西は今の所エリア外のようです。

ルート

Amazonのアプリ画面を掲載することは規約違反になってしまいますので、掲載できません。

ですので、これまで配達した実際のルートをざっくりと地図に書いておきます。

赤丸が1つのルート・コースです。意外と広いですよね。

イメージつきますでしょうか?赤丸1つにつき1コースになります。
つまり1ブロックで1つの赤丸を担当します。
コースは全部で60コースほどあるので、赤丸が60個あるということです。

ドライバーはそのうちの1つを担当します。

ただ、どのコースをやるかはAIが判断するため、当日になってみないとわかりません。

個数

実際の行き先件数、個数はどれぐらいなのかと言いますと、オープン当初よりはかなり改善されました。簡単な表にまとめてみました。

(6時間稼働)当初改善後
行き先軒数110~12090~100
個数140~150100~130

上記のような感じです。

表に書くとなんかあっさりしてますが、実際に配達するとなると1時間以上変わってきます

コース自体は変わってないのですが、軒数と個数が減った感じです。

やっとか〜といった感じで、オープン当初は本当にしんどかったです…みんなそろって時間ギリギリまで配達してました。

レスキュー

1つのブロックにつき5人ほどレスキュー要員として待機になります。

誰がレスキューになるかはAIに決められるのですが、レスキューになるとコースには入りません。

緑のベストを着た配車担当の人がいます。その方が、常にアマフレの配達進捗をチェックしていまして、時間内に終わらなさそうな人のところにレスキューに行かせます。

レスキューに呼ばれない日はなく、日によりますが1〜3回レスキューにいきます。

国籍

あえて国籍と書きました。なぜかと言いますと、静岡県内のほとんどのステーションに異国の方がいます。

MCJ7も例外ではなく、日本人の割合は少ないです。

1ブロックにアマフレが20人いるとすると、日本人は1割もいません。異国に来たのかと思うぐらいです(笑)。

ほとんどはブラジル人です。いい人が多く、気さくに話す人が多いので、差別なくいきたいですね。

オファーについて

1ブロックあたりの時間帯と価格です。(2024.06.05時点)

現在把握できているのは、下記です。

時間帯稼働時間金額(税抜)
09:45~15:456H¥9822
10:00~15:305.5H¥9004
10:00~16:006H¥9822
上記は午前中(CX)の時間帯です
時間帯稼働時間金額(税抜)
16:30~22:305H¥8185
17:30~22:305H¥8185
上記は夕方(SX)の時間帯です

舞阪ステーションはAmazonが管理しているステーションのため、今後さらに多様なオファーが出ると推測されます。

まとめ

以上舞阪ステーションの情報でした。

個人的には予想よりもかなり好感度が高いステーションです。

総合評価としてはおすすめのステーションです。

静岡県内のステーションの情報をまとめています。記事はこちら
これからAmazon flexを始めたい方はこちらの記事をどうぞ。

Amazon flexカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!