6/4 ホームページをリニューアルしました!

【実例】Amazon Flex アカウント停止とその回避策【復活方法も紹介】

【実例】Amazon Flex アカウント停止とその回避策【復活方法も紹介】

Amazon flexのアカウントが停止になることもあるってほんと?どうすれば停止にならないのかな?停止になったらどうすればいいの?

上記の質問に回答していきます。

こんにちは。
Amazon flexをやっている僕です。

・Amazon flex 歴2年半
・今まで8万個以上配達
・現役のアマフレプレイヤー

上記のようにアマフレをやってきました。

そんな中で何人もアカウントが停止になっていくのを見てきました。
そして退場していきました…そしてアカウントが復活していく人も見てきました。

Amazon Flexでは常にアカウントリスクと隣り合わせです。

そこで今回は、「Amazon Flexアカウント停止と回避法。復活方法について」まとめて解説していきます。

Amazon Flexアカウントには停止と閉鎖がある

上記の通りで、

「停止と閉鎖」があります。

これは似て非なるものです。

停止について

一時的に稼働ができなくなります。サポートからメールが届くのですが、その内容に改善策を返信すれば復活する可能性が高いです。

その間取得したオファーは2週間分削除されます。

閉鎖について

停止より重い、いわゆる「クビ」ですね…

メールを受け取ってから10日以内であれば、アカウント停止の決定に対し異議申し立てができますが、決定が覆るとはかぎりません。

ほとんどの確率で覆りません。

突然メールが届く

Amazon Flexから登録のアドレス宛にメールが届きます。

停止&閉鎖には2パターンあります。

メールが先に届いてアプリにログインできなくなるか、アプリにログインできなくなり後からメールが届くかです。

Amazon Flexアカウント停止の理由

停止の場合、多くはメールに原因が記載されています。そのためこれまでの原因を反省し、活かすことが大切です。

明確な基準はない

Amazon Flexでは、配達時のルール違反がアカウント停止に直結することがあります。

このルールには、配達時間の厳守や荷物の取り扱い方法などが含まれます。配達員がこれらの基本ルールを破ると、Amazonのサービス品質に影響を及ぼすため、会社側は厳格に対処することになっています。

配達時間に遅れが生じたり、荷物が損傷したりすると、顧客の信頼が損なわれます。そのため、何度かルール違反を行うと、Amazonは最終手段としてアカウントを停止することを選択するのです。

アマゾンフレックスのアカウントが停止される明確な基準は不明です。

評価システムとアカウントの関連性

Amazon Flexでの作業は、評価システムによっても厳しく監視されています。

このシステムは、配達員のパフォーマンスを客観的に評価するために設けられており、顧客からのフィードバックや遵守すべき基準があります。

評価が低いと、結果としてアカウント停止のリスクが高まります。

ダッシュボードに記載がある「配送品質」の詳細は当然守らないといけません。

ご理解いただいてると思いますが、以下5点です。

・配達完了率
・誤配
・時間指定厳守
・STへの定刻到着
・24時間前キャンセル

ここだけの話にしておいてほしいのですが…

24時間前キャンセルは数回だと問題にはならないようです。しかし8回でアカウントが停止になるようです。

Amazon Flex 独立請負業務委託規約がすべて

Amazon Flexの利用者は、同プログラムの規約を遵守することが求められます。

規約を貼っておきます。長いしわかりづらいし、読むのが面倒ですよね…

>>>Amazon Flex 独立請負業務委託規約書

これには、正しい運転手続きの守秘義務や、Amazonのブランドと評別を守ることも含まれています。これらの規範を破った場合、警告を受けることになり、繰り返し違反するとアカウント停止となるリスクがあります。

つまり、

5つの配送品質を守るだけでは足りないということです。

例えば、規定の休憩を取らない、不適切な駐車方法をとる、顧客に対して不適切な態度をとるなどの行為が挙げられます。Amazonはそのイメージを大切にしているため、ポリシーとガイドライン違反は厳しく対処されるのです。

僕の知り合いは、個人宅の塀をよじのぼって配達したため、顧客からクレームをもらったのかアカウントが停止になった人がいました。

他にも飲食店に強引に配達したのか、飲食店の玄関に防犯カメラの映像から顔写真が貼りだされている人もいました。その人はその後すぐに閉鎖になったのか、2度と見ることはなくなりました。

よく外人にいるのですが、夫婦2人で配達したりしている人は大抵アカウントが停止されています。

アカウント停止予防策

クレームをもらわない

これにつきます。

クレームをもらわない

関わるすべての人

Amazonにクレームが届かないようにすることが大切です。

例えば、

・ステーション
・顧客
・アマフレ仲間

などの仕事をする上に関わる人に、です。

社会人としてのマナーは必須で、正しいマナーは信頼を築く上で欠かせません。

また、荷物を放り投げたくなる時もあるかもしれませんが丁寧に扱うことが大切です。荷物が傷つかないように配慮します。

荷物の破損をすると、

アマフレの場合は「配達完了率」に1つ傷がつきます。
デリプロの場合は実費負担の契約の人が多いですよね。

最後に、万が一の事態が生じた場合は、迅速かつ誠実に対応しましょう。クレームは適切に解決し、同じミスを繰り返さないように改善策を見つけることが大切です。

トラブル回避のヒント

トラブルを回避するためには、常に予防策を講じ、リスクを意識して行動することが重要です。

さて、トラブルを未然に防ぐためには、

・コミュニケーションを適切に取る
・Amazonのサービスの説明をしっかり理解し、お客様にも正しく説明できるようにしておく
・配達のプロフェッショナルな態度で臨む
・アカウントに異常がないか定期的にチェックする

トラブルを回避するためには必要不可欠です。

ここまで難しいことを述べていますが、ようは…

下記2点を遵守しなくてはなりません。

5つの配送品質を保つ + クレームをもらわない

5つの配送品質を保つ方法

アカウントの健全性を保つためには、利用規約やガイドラインの遵守がとても大事です。

すべてのルールを理解し、違反しないようにしましょう。

さらに、セキュリティ対策も怠らません。定期的にパスワードを変更し、二要素認証を有効にするなど、アカウントのセキュリティを強化してください。

また、違法なアクティビティや誤解を招くような行為は絶対に避けましょう。

例えば、Amazonの場合不正なアクセスやスパム行為は、アカウントの停止に直結します。

また、定期的なアカウントの監査を行い、不正なアクセスや不審な活動がないかを常にチェックすることも忘れてはいけません。

アカウントの健全性を維持することは、インターネットで健全に活動し続けるための基盤となります。

実例1:停止された経験者の体験談

停止された経験を持つ者として、そのときの戸惑いや、焦りの心情を覚えています。突然アカウントアクセスができなくなり、初めて自分の行為に問題があったことを知ったのです。通常の日常が一変し、何から手を付ければ良いのか見当もつきませんでした。しかし、この経験が後になって、大切な教訓となり、さまざまな影響を私の人生に与えているのです。

実例2:アカウント停止から学んだ教訓

アカウント停止の通知を受け取った瞬間は、正直、動揺を隠せませんでした。しかし、これがきっかけで自らの行動を振り返り、使用規約やコミュニティガイドラインを再確認する機会となりました。しかも、どのようにしてアカウントを回復させ、同じ失敗を繰り返さないかを深く考えざるを得なくなったのです。結局、しっかりルールを守り、誠意ある対応を心掛けることが、ユーザーとしてもプロフェッショナルとしても重要だと痛感しました。トラブルに直面したとき、その解決方法を冷静に探求する力も身につけることができました。

実例3:復活成功のパーソナルストーリー

私のアカウントは運営側の確認を経て、無事復活することができました。その過程で、私はサポートチームへの問い合わせ方、必要とされる情報の整理、誠実なコミュニケーションの取り方など、多くのことを学びました。復活には数日間を要しましたが、この期間を利用して自差の行動を振り返り、何が問題だったのか、どう改善していけば良いのかを深く自覚する時間となったのです。経験から学んだことを新たなる行動原理にし、今ではより良いユーザー体験を提供することを心掛けています。

実例4:停止経験が与えた影響

突然のアカウント停止は、当初は大きなストレスでしたが、長期的な視点で見ると、自己成長のための貴重な経験だったと断言できます。ルールの重要性を再認識し、他者とのコミュニケーション能力も向上しました。また、対応策を考える過程で、自分自信の行動パターンや思考のクセに気づき、見直すきっかけとなりました。この経験を活かして、今後はより慎重に、責任ある行動を心掛け、同じ過ちを繰り返さないよう努めていきたいと思います。

Amazonに提出する際の改善文は、上記のような内容を記載する必要があります。

配達パフォーマンスの改善

現代社会における速さは重要な要素であります。

特に配達サービスにおいては、パフォーマンスの改善が求められています。効率的な配達パフォーマンスをめざし、新たに戦略を立て直す必要があるのです。

効率的な配達ルートの選定

配達ルートの選定は配送業務における時間短縮と燃料コストの削減に直結します。

まず、最適なルートを決定するには、配送先の地理的な情報を詳しく把握することが大切です。

最新の地図データとナビゲーションシステムを用い、交通状況をリアルタイムで分析しルートを最適化することが効果的です。

また、時間指定などに柔軟に対応できるように、途中でのルート変更もする必要が出てきます。

時間管理のテクニック

時間管理は配達効率を高める上で欠かせないスキルです。

作業にかかる時間をきちんと計済し、余裕をもってスケジュールを組むことが重要となります。一日の配達タスクを効果的にこなすためには、始業前にその日一日の全タスクを確認し、優先度によって順番を決めるべきです。

また、予期せぬ事態に対応する時間も計画に入れておくことが望ましいでしょう。時には、特定の配達を先送りにして、より緊急性の高い配達を優先する柔軟性も必要です。

Amazon Flexアカウント復活の手続き

アカウント復活のためには、Amazonの指定するプロセスに従う必要があり、その手続きを丁寧に行なっていくことが重要です。

①停止通知への返答方法

アカウントが停止されると、Amazonからメールにて通知されます。

この通知を受け取ったら、深呼吸をして冷静になりましょう。

まずは停止の理由をしっかりと確認し、どの点で違反があったのかを理解することが大切です。

その後、Amazonへの返答は、指定のフォームまたはメールアドレス経由で行います。

返答する際には、誠実且つ具体的な言葉を選び、状況を正確に伝えたり、誤解があればそれを解くことが必要です。

感情的にならず、落ち着いた対応を心がけることで、次のステップへ進めます。

②アピールプロセスの詳細

アカウント停止の通知を受け、返答が終わったら、次はアピールプロセスに移ります。

アピールは、自己の正当性を証明するものであり、Amazonに再評価を依頼する手続きです。

このプロセスには、停止の原因となった事象に対する実証可能な証拠や、改善計画が含まれます。

提出するアピール文書には、問題点の認識、問題解決のために取り組む内容、今後同様の問題を防ぐための方策を明確に記述してください。

審査員が納得するような説得力のある内容でアピールを行ない、アカウントの復活に繋げます。この時、審査には時間がかかることもあるため、根気よく待つことが大切です。

③復活後のアカウントの管理

アカウントが無事復活したら、今後再び同じ問題を起こさないようにアカウントの管理を徹底しましょう。

一つ一つの配送を丁寧に行い、Amazonのポリシーを厳守することが大切です。また、週単位や月単位での自己評価を行い、問題があれば早めに対処していきます。

万が一、小さな問題が生じた場合には、すぐにAmazonのサポートチームへ相談するなど、積極的なコミュニケーションを心がけることが今後の違反を防ぐ鍵となります。

アカウントの状態を定期的にチェックすることで、安定した働き方を維持することができます。

今後のアカウント管理のポイント

企業や個人がインターネットを使った活動をしているとき、アカウント管理はとても大切になります。それは、セキュリティ保持や情報の正確性を維持するために必要不可欠であり、適切な管理がされていないと多大なリスクに晒される可能性があるからです。

定期的なアカウントの監査

アカウントを安全に保つためには、定期的な監査を行うことが主要なポイントになります。この監査によって、不正アクセスの有無や、アカウントの権限設定が適切かどうかをチェックします。

監査を通じて不審な活動を早期に発見し、速やかに対処することができるのです。また、使用されていないアカウントがないかも確認しますが、これはセキュリティ上、放置されがちな無用なリスク要因を除去するためにとても重要です。

更新が必要なアカウント情報

アカウント情報は、時々更新する必要があります。

連絡先やパスワードなど、個人情報の変更があった場合には迅速に反映させることで、情報が最新の状態を保つことができます。

また、セキュリティ問題に対応するため、パスワードを定期的に変更することは極めて重要です。

こうすることで、アカウントの乗っ取り等のリスクを減少させることが可能になります。情報の更新は、セキュリティ強化だけでなく、正しい情報でサービスが利用できるようにするためにも必須です。

アカウント停止後のリスクマネジメント

アカウントを停止する場合でも、その後のリスクマネジメントは必要です。

アカウントが停止された後も、個人情報が残っていることがありますから、それら情報の取り扱いには細心の注意を払うことが肝心です。

また、アカウント停止後に再びそのアカウントを必要とする状況になった時、スムーズに復活できるよう、停止のプロセスも適切に行う必要があります。

アカウント復活のサポート

記事内容は以上となります。

私はこれまで何人もの相談を受け、アカウントの復活をしてきました。

僕自身もアカウントの警告が来たりして、焦ることもありました。

それらの経験を活かし、アカウント復活のサポートを始めました。

アカウント復活のお急ぎの方はこちらの公式LINEまでご連絡ください。(有料サービスです)

最近はこちらのステーションで稼働しております>>>MCJ7

Amazon flexカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!