6/4 ホームページをリニューアルしました!

【実証済み】Kindle出版で低評価がつきにくいテーマ選定【30冊出版した英知】

【実証済み】Kindle出版で低評価がつきにくいテーマ選定【30冊出版した英知】

Kindle出版したいけど、☆1をつけられるのが怖いな。どうすれば低評価をつけられないように出版できるんだろう。その方法があれば知りたいな。

こういった質問にお答えしていきます。

この記事を書いている僕は、

  • 出版社の社長として最前線で仕事しています
  • 1年間で30冊出版しました
  • 低評価で悩んだことがあります

こういった僕が、解説していきます。

早速みていきましょう。
そもそもなぜ良いレビューが必要なのでしょうか。

Kindle出版には良いレビューが必須

Kindle出版において、必ずつきまとうのが「レビュー」ですよね。
Amazonという媒体においてはどうしてもレビューが重視されるので仕方ありません。

レビュー次第では売れ行きに、天と地ほどの差が出ます。

そのため良いレビューがついているに越したことはありません。

また、Kindle出版においては、初期登録が終われば、これからは何冊でも自由に出版することができます。

初期登録がまだの人は、こちらの記事を参考に登録してください↓

>>>【完全図解】KDPアカウント登録方法

とは言っても、

「本にするようなネタがない」
「何が売れるのかわからない」
「どんな本を書けばいいかわからない」

最初はこのように戸惑うはずです。

自分が本を書くとなると、やはり最初は身構えてしまうものです。
もちろん僕もそうでした。 

「本を出版する人 = スゴい実績を持っている人」みたいなイメージがありますよね?
ですが、電子書籍の場合はちょっと違います。

テーマが大事

Kindle本は、立ち読みが出来ないので、本のタイトルだけで売ることができるのです。
また、 99円から購入できますし、Kindle Unlimitedなら無料読み放題。

紙の本より軽い気持ちで購入されるのです

価格やタイトルについては別記事で詳しくお話ししますが、「面白そうな本だからちょっと読んでみるか!」と思ってもらえればいいのであり、メンタリストDaiGoさん やひろゆきさんのような名作を産み出す必要はありません。

そのような名作が書けるなら、それに越したことはありません。

一貫性を意識する

まずは最小限読み手に満足してもらう内容を書きましょう。
そのために、僕が意識しているのが「一貫性

実はこれだけです。

たとえば僕がプロデュースした本は、 『がんになったから優しくなれた』

514Xv8Pps4L

がんになったから優しくなれた: ありのままの私からのキャンサーギフト
※上記のリンクから直接チェック可能です。

何が一番かはわかりませんが、少なくともこの書籍を読めば「なぜがんになったから自分に優しくなれたのかな?」ということがわかってもらえます。
本書でその目的を果たすことができれば満足してもらえるのです。

結果として、このようなレビューをいただいています。


スクリーンショット (47) - コピー
スクリーンショット (46)

中には低評価もありますが、「内容は良かった」というレビューが集まっています。
それだけでなく「生き方」についても読者に考えてもらうことで、役に立つ本という印象もうかがえます。

このテーマ選定方法はいくらでも応用可能です。
自己啓発や自伝の本だけでなく、

例えば、

「起業1年目で5000万円稼ぐ方法」
「1年で30冊出版した方法」
「Instagramでフォロワーを7000人増やした方法」
「入社半年でトップ営業マンになる方法」
「最愛の人を見つけ、結婚する方法」

など…。

上記は全て、自分の体験談をまとめたものになります。
それをまとめてKindle本にすればいいわけです。

つまり、

1:1タイトル1テーマを決める(伝えたい結論を1つに絞る)
2:タイトル、表紙、内容に一貫性をもたせる
3:等身大で実体験を書く

この 順番で取り組むことで、☆1がつきにくいテーマを選ぶことができます。

Kindle出版で低評価がつきにくいテーマを決めよう

クレームの可能性が低く、満足度の高いKindle本のテーマは、

1:1タイトル1テーマ を 決める(伝えたい結論を1つに絞る)
2:タイトル、表紙、内容に一貫性をもたせる
3:等身大で実体験を書く

この3点を意識してください。

インパクトがあるタイトルを付けることで売れやすくなりますが、それが誇大表現だとクレームの原因となります。

低評価レビューが並んでしまうと結局は売れなくなってしまいますし、精神的にも辛いでしょう。
ですので、まずは上記3点を外れないようにすることをオススメします。

出版カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!